<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

弟子

娘の好きな笑いはリズムネタ。伊藤真吾です。



  朝日杯将棋オープン戦では応援ありがとうございました。公開対局は朝日杯のアマプロ戦以来で、普段通りとはいきませんね。これからも大きな舞台で戦える機会を増やしていきたいです。

  

   ところで昨年、初の弟子を取ることになりました。その子もマリオンでの準決勝に呼んでみました。観戦したことで何か感じてもらえたら良いです。初めての弟子ということで普段からの接し方をどうしていいか悩んでいます。


  彼は今年の夏に奨励会を受けるのですが、師匠の立場からすると、今から気になるものですね。8月の試験までの日々を全うしてもらいたいと思います。師匠になったことで、自分も影響を受けているのかもしれませんね。

[PR]

by ssf726726 | 2015-02-23 21:21 | Comments(0)

この一週間

妖怪ウォッチにハマりすぎて、ゲームを買ってしまったオレッチ石田です。

今回は今週の出来事を書いてみたいと思います。3日は節分でしたね。私も自宅で恵方巻きを食べました。

f0351314_11593793.jpg

あまり小さいのでは満腹にならないと思い、チョコボーより大きめのものを選びましたが、一気に食べきるというルールを知らず喉が渇いて仕方ありませんでした💧

そして、週末は札幌に旅行に行ってきました。

f0351314_12062859.jpg


札幌雪まつりにてプリチー召喚♪

ジバニャンとたわむれた一週間でした。
ではまったニャン!

石田直裕

[PR]

by ssf726726 | 2015-02-09 11:54 | Comments(0)

将棋盤の視覚について

禁酒を始めて2週間。上村です。

たまには棋士らしく(?)将棋盤の視覚についての考察である。

ネット将棋、将棋ウォーズ、テレビ将棋、日本将棋連盟モバイルの普及により、いつでもどこでも将棋が楽しめる素晴らしい時代。ところで、これらの将棋盤の視覚に共通するのは何だろうか?



それは2次元、平面型であること。何を当たり前な!という感じではあるが、対人で盤を挟んで対峙する際は斜め方向からの視覚となり、もしかしたら平面図とは手の読め方が変わるかもしれない。平面将棋(以後そう呼ぶ)が強いからと言って対人将棋(以後そう呼ぶ)が強いとは限らない、逆もまた然りである。では、平面将棋が得意な人が対人将棋を乗り切るにはどうすべきか?


一番簡単な方法は常に盤を真上からのぞきこめば平面将棋となる。だが、これは相手もいることなので、同志の場合は視覚争奪戦となってしまう(笑)

下らない話はさておき、脳内将棋の場合はどうか?よく、脳内将棋の図面は鮮明か、またその型は?というテーマがある。平面型、対人型で鮮明な人もいれば、暗黒星雲型とよばれるものもあったと思う。これは鮮明ではないが、駒が星のように点在した有限集合体を局面として捉えたものであろう。

それはそうと、平面将棋が得意な人は脳内で平面将棋への移行ができれば良いのではないかとも思う。

四段 上村 亘
[PR]

by ssf726726 | 2015-02-07 15:40 | Comments(2)

いちがつ

車がほしい。門倉です。

年が明けたと思ったらあっという間に2月ですね。
年明けの瞬間は近所の神社で甘酒片手にジャンプしました。

お正月は目当ての福袋に並んだのに買えなかったので、腹いせに初売りでいろいろ買ってしまいました。後悔はしてません。

1月3日は毎年恒例のSSF新年会。みんなで人狼をしました。
f0351314_23382669.jpg

リーダーがゲーム中の質問タイムで人狼とはまったく関係のないプライベートの際どいところを聞いてくるので痺れます笑
何度やってもこのゲームは難しいですね(^^;

1月は新年会づくしでおめでたいモードになっていたので、2月からは気を引き締めて日々を過ごしていきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

門倉啓太
[PR]

by ssf726726 | 2015-02-01 23:23 | Comments(0)