趣味の話

好きなものは女性のわがまま…いとしんです。「サラの柔らかな香車」を一気に読み終わりました。というのも今日は山形県の鶴岡まで出張で、往復10時間の長旅だったのです。将棋好きな方にはオススメです。

ところで最近ハマっているものに人狼があります。そのプレーの戦略的な考察について書いていきたいと思います。人狼チーム…人狼3人、狂人1人 村人チーム 占い師1人、霊媒師1人、騎士1人、村人6人の13人村です。TLPTルールというスタンダードな構成です。占い師は最初から一人村人が分かっています。騎士の連続ガードは無しです。それでは始めます。COはカミングアウトの略です。

・占い一斉出し
・占い霊媒の両方を一斉出し
・ヌルッと占いCO
・分けてCO(女性限定など)
・端から占い霊媒を2人ずつ両方CO 

占い一斉出しは市民にとって人狼の騙りを防ぐ有効な戦略です。仮に占い師が4人出てきた場合、真占・狂人・狼・狼が予想されるので村人チームが有利になります。また占い師3人COの場合にも真・狂・狼となるので全ての占い師が吊り候補になり、これも村人有利です。

占い霊媒両方の一斉出しも先ほどの戦略と似ています。ただ味気ないです。後から狼チームが騙りのCOすると何を言っても信頼されづらいです。 

ヌルッと占いCOは個人的に好きな戦略です。占い師のCOをするタイミングを本人に委ねるやり方です。例えば狂が占騙りで出てくる→狼が占騙りで出てくる→真占が出てくる。などがよくあるパターンです。この出てきたタイミングや挙動で誰が本物の占い師かを推理するのが面白いです。また上級者だと市民が占い師騙りをするパターンもあります。その後、その人は占い師ではないと取り下げます。当然疑われますが、上手くいくと占い師を確定出来て村人有利になるかもしれません。

分けてCOは、例えば女性限定で一斉占い師COをしてその中にいなければ男性COに移行していくというような高度な戦略です。メリットデメリットがありますが、面白い戦略かもしれません。

最後に端から占い霊媒2人ずつCOは例をあげて紹介します。端から「役職なし」「占い師」「霊媒師」など、一人ずつCOをしていきます。2人ずつなので、占い師・霊媒師ともに本物と偽物になります。ここから推理を進める戦略です。ただ、最後に占い師と言った人が「実は私は嘘で役職無しです。なのでもう一人の占い師が本物です。」と裏切るパターンもあるので狼チームは注意が必要です。高度な戦略に中盤での村人の騎士騙りなどもありますが、あまりオススメは出来ません。

人狼は初日の投票の行方や騙りのタイミング、その人の性格や仕草など気にするポイントが沢山あります。また吊られたり、噛まれて亡くなってしまった人の言動も村の未来に関わっているのも面白い所です。

大人数を集めるのが大変な場合は4人から出来るワンナイト人狼があります。こちらは10分ほどで終わるのでオススメです。

[PR]

by ssf726726 | 2014-11-08 23:04 | Comments(0)